[mixi] 「好き」の本質は難しい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
この記事は 2008年8月18日 に書かれたものです

久しぶりにゲームやって泣きそうになりました。

学園物のアドベンチャーだったんですが、シナリオが丁寧に練られているのが、やっていて伝わってくるんですね。そして何だか暖かい。製品というより作品ですね、これは。

- Sponsored Link -

余韻にひたりつつ、ふと思ったのは、たまたま今回はゲームだったのだけど、きっと他のメディアでも良かったんだよな、ということ。

ストーリーを絵と音つきで、自分の好きなときに楽しめる。たまたまそれに向いた媒体が今回はゲームだったと。

たぶんね、ここでいうゲームは手段なんですよ。

「ゲームが好き」と言ってる人はゲーム自体ではなく、ゲームをやることによって得られる何かが好きなんですよ。たまたまその人にとってゲームが最も得られる手段か、それしか手段を知らないからゲームをやっているに過ぎない。

ここではゲームで話を進めたけど、他のこともそう。ネットだって、人間関係や仕事もたぶん通じるものがあるはず。

「好き」の本質は難しい。
でもきっとシンプルなんだろうな。

毎度のことながら、書き出すとすごく当たり前のことけど、ふみ違えないようにメモ。

CLANNAD コンパクト・コレクション Blu-ray (初回限定生産)
ポニーキャニオン (2014-12-03)
売り上げランキング: 26,226

このブログを応援する

お寄せいただいたお気持ちは全額サーバ代や次の記事を執筆するための原資として活用させていただいております。この記事が参考になった場合などぜひご検討ください。

PayPal(ペイパル)
PayPalで300円支払う
※金額は任意で変更できます。
※100円でも泣いて喜びますw
※住所の入力欄が現れた場合は「no needed」を選択ください
これまでのご協力者さま
- Sponsored Link -

ご質問やリクエストなどお気軽に。メールアドレスの入力は任意です。書き込みが反映されるまで時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください