[Quora] 体内に埋め込むデバイスってどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Quora回答シリーズです。

質問

体内に埋め込むタイプのチップや機器「インプランタブル(埋め込み型)」デバイスをどう思いますか?身体的にも時間の自由を必要以上に奪うスマホに不自由を感じているからです。
https://qr.ae/T64UiL

現代では抵抗のある人の方が多いのだろうけど、数十年後にはみんな当たり前のようにやってる気がするんですよね。

- Sponsored Link -

回答

SF小説やハリウッド映画などで、脱走兵に埋め込まれたチップの情報が管理者に伝わって追いかけられるヤツですね←

目的が本人認証

この場合は不要であると思います。

例えばSUICAのチップを埋め込むようなことも出来なくはないでしょうが、すでに生体認証の仕組みが色々ありますので、顔や指紋などを外部の機器で読み取りネットワークを通じて本人確認をし決済など必要な処理を行えばよいのです(定期券情報やSUICA残高はサーバ上にある想定)

すでに中国では実用化されていたりもします。

ただ、この手のチップの埋め込みや、生体認証のいずれに置いても、腕を切り落とされる事件が危惧されます。日本に暮らしているとにわかには信じられないかもしれませんが、海外では高級時計の窃盗などで発生しています。

スマホやSUICAなどであれば単に物が盗まれるだけで済むのですが……。(さすがに頭や顔が切り落とされるのは稀だと思います(;´∀`))

コミュニケーション

例えば「着信」「通話」などを体に埋め込んだ機械で完結する仕組みを質問者さんは想定されていらっしゃるのかもと想像しましたが、こちらは時期尚早かもしれません。

現代の通信技術はまだまだ発展途上です。5Gがようやく登場し、次世代の6Gが早くて10年後というような感覚です。つまり機械のアップデートをいかに行うかが課題になります。ソフトウェアの書き換えだけで済めば良いのですが、ハードの交換が必要になるたびに手術を行うのも大変そうです。

また電力供給をどうするかというのも課題ですね。通話や待受をするためには体内の電流では微弱すぎるでしょうから電気をどこかから調達する必要があると思われます。無線による給電はこれから実用化される兆しがありますが(Qiなどの隣接型ではなく電波を飛ばす空間伝送型)、現時点では常に充電し続けるかバッテリーを内蔵する必要があるでしょう。

そうなると今度はリチウム電池が体内で爆発する心配もありますし、スマホのバッテリーも1年程度で劣化することを考えると、頻繁に交換する必要がありそうです。交換のたびに手術を行うのは体への負担が心配ですね。(燃料電池式にしてエタノールなどを管を通して補充するという手もありそうですが今度は新幹線や航空機に搭乗できるか心配ですねw)

ただし、数十年後などこれらの要件を満たす技術が揃ったときには可能性の一つとしてありえるかもしれないですね。

目的が「体の状態異常の発見」

体に埋め込んだチップが、体温や心拍数などのデータを記録しもし異常があれば通知してくれる、またはくも膜下出血などで倒れた場合などにスマホと連携して救急車を呼んでくれるようなシステムは有意義かもしれません。

現在でもAppleWatchの心電図機能が人命を助けたという事例がありますので、これの延長線でより高度なことが行えるのであれば可能性はあると思います。

最初は病院の入院患者さん向けとかかもしれませんが。

このブログを応援する

お寄せいただいたお気持ちは全額サーバ代や次の記事を執筆するための原資として活用させていただいております。この記事が参考になった場合などぜひご検討ください。

PayPal(ペイパル)
PayPalで500円支払う
※金額は任意で変更できます。
※100円でも泣いて喜びますw
- Sponsored Link -

同じカテゴリの記事

ご質問やリクエストなどお気軽に。メールアドレスの入力は任意です。書き込みが反映されるまで時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください