[mixi] [メモ] ubuntuくんとVMwareちゃん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
この記事は 2008年9月8日 に書かれたものです

#めっちゃ仕事メモです
#VMWareサーバ入れてOSインストールしようと思ったけど、スナップショット使うと
#めっちゃかんたんやねぇ。

(1)ubuntu – VMware用仮想マシンのダウンロード
http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized/vmware
 ※ダウンロードは700M、解凍すると2.7Gくらい。

(2)Download VMware Player
http://www.vmware.com/download/player/

(3)VMPlayerで解凍したフォルダ内にある「Ubuntu.vmx」を指定すると
Linux(ubuntu)が起動し、システム設定開始。
 ※さすがにちょっと重い。1.5Gくらいメモリ積んでるんだが・・・。

(4)設定終わると自動で再起動、ログイン画面に。ログイン後は普通に使えます。
 ※再起動時になんかアラート出た。

- Sponsored Link -

以下、インストール後の設定もろもろ。順次追加予定。

■root 権限について

Ubuntu には、デフォルトでは root ユーザは存在しません。root 権限でコマンドを実行し
たい場合は、コマンドの前に「sudo」を付けてください。また、「sudo su」で root 状態にでき
ます。
http://kicku.blog44.fc2.com/blog-entry-13.html
 ※「sudo su -」最後にハイフンつけるのが個人的におススメ

■共有フォルダ

ゲストOS用のvmxファイル(vine.vmxなど)を開き次の設定を追加します

Shared Folders

sharedFolder.option = “alwaysEnabled”
sharedFolder0.enabled = “TRUE”
sharedFolder0.present = “TRUE”
sharedFolder0.writeAccess = “TRUE”
sharedFolder0.readAccess = “TRUE”
sharedFolder0.hostPath = “D:\SharedFolder”
sharedFolder0.guestName =”share”
sharedFolder0.eXpiration = “never”
sharedFolder.maxNum = “1”
http://usednote.seesaa.net/article/47492893.html

- Sponsored Link -

コメントはお気軽に(゚∀゚)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください