[mixi] 奇跡の価値は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
この記事は 2008年9月7日 に書かれたものです

NTTが機材を回収にくるというので家で待っていたら一日がおわってしまった件orz
せめて2時間刻みくらいで教えて(号泣)

 夜10時。豪雨の中、一人橋桁の下でたたずむ。
 景色は一変していた。雨がうすいカーテンのような役割を果たし、川の向こうはみることがかなわない。ビルや建物の明かりがぼんやりと見える程度だ。鉄橋を走る電車はまるで空を走っているかのよう。入ってはいけない、別の世界に迷い込んだかのように、薄暗いその世界は僕の気持ちを不安にさせた。いつまでこの雨は降り続くのだろう。
 シャツ一枚でこの場にとどまり風邪をひくか、雨の中を駆けずぶ濡れの状態で家にたどりつく、両者の結果は変わらないのかもしれない。僕はすくと立ち上がり、意を決したように雨の中に飛び込んだ。

なんてかっこよく書いてみたのですが、体重計に久々に乗ったらえらいことになっていたのであわててウォーキングに外に飛び出したら、途中豪雨に見舞われ立ち往生。夜中にTシャツ、短パンでいい大人が雨宿りをしながら風邪を引きそうになるという有様。しかもご丁寧に家を出る直前に洗濯物をすべて干し終えているという、むしろそっちが心配な状況だったのでありますw😂

- Sponsored Link -

しかし、ぬれる気満々で外に飛び出したら、なんと橋の上に一本の傘が忘れられているのを見つけたのです。あたりを見回しても誰もいない。神様が使えと言っているかのような状況に、思わず拝借したおかげで無事に家まで到着。正直たすかった💦
ありがとう、本当にありがとう。

雷はなるわ、びびるくらいの豪雨だわ、運動中だったので汗ばんでいる上に軽装だわで中々不安だったのだけど、自然ってすごいなぁと妙なところで関心してました。まぁ異常気象なんだろうけど😏

なんでもない日常のちょっとした非日常体験でした。
そんな状態でも川辺で平気そうに釣りをしているおっさん集団が頼もしくみえましたw ほんとにやばいから帰れwww

- Sponsored Link -

ご質問やリクエストなどお気軽に。メールアドレスの入力は任意です。書き込みが反映されるまで時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください