[Firebase] AuthenticationでGitHub認証 (Web編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Firebaseへメールアドレス認証Twitter認証Facebook認証Google認証匿名認証、お次はGitHubです。

AuthenticationでGitHubログイン

エンジニア向けのサイトだとGitHubでログインさせたくなりますよね。

Firebase Webコンソールの設定

FirebaseのWebコンソールへログインしたら、メニュー「Authentication」→「ログイン方法」とたどります。

画面の真ん中あたりにある「GitHub」のアコーディオンメニューを開き、「有効にする」にチェックしたあと、コールバックAPIをメモします。

ここまで出来たらGitHubへ移動します。

- Sponsored Link -

GitHubでOAuthアプリを作成

GitHubにログイン後、以下のページにアクセスし、必要事項を入力します。

callback URLにはFirebaseで表示された内容をコピペします。全て入力できたら「Register application」をクリック。

クライアントIDクライアントシークレットが表示されるので、Firebaseへコピペします。

Firebase側にコピペしたら「保存」ボタンをクリックして設定作業は完了です。

ソースコード

config.js

いつものやつです。FirebaseのWebコンソールに表示されたものをそのままコピペします。

// コンソールの内容をそのままコピペ
var config = {
  apiKey: "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
  authDomain: "test-f76bc.firebaseapp.com",
  databaseURL: "https://test-f76bc.firebaseio.com",
  projectId: "test-f76bc",
  storageBucket: "test-f76bc.appspot.com",
  messagingSenderId: "0000000000000"
};
firebase.initializeApp(config);

index.html

FirebaseUIを利用します。TwitterやFacebook、Googleの時と同様にsignInOptionsfirebase.auth.GithubAuthProvider.PROVIDER_IDを指定します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Firebase Auth for GitHub</title>
  <link type="text/css" rel="stylesheet" href="https://cdn.firebase.com/libs/firebaseui/3.5.2/firebaseui.css" />
  <style>h1{text-align: center;}</style>
</head>
<body>
  <h1>Firebase Auth for GitHub</h1>
  <div id="firebaseui-auth-container"></div>

  <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.1/firebase-app.js"></script>
  <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.1/firebase-auth.js"></script>
  <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/ui/3.5.2/firebase-ui-auth__ja.js"></script>
  <script src="/js/config.js"></script>
  <script>
    //----------------------------------------------
    // Firebase UIの設定
    //----------------------------------------------
    var uiConfig = {
        // ログイン完了時のリダイレクト先
        signInSuccessUrl: '/auth/github/done.html',

        // 利用する認証機能
        signInOptions: [
          firebase.auth.GithubAuthProvider.PROVIDER_ID
        ],

        // 利用規約のURL(任意で設定)
        tosUrl: 'http://example.com/kiyaku/',
        // プライバシーポリシーのURL(任意で設定)
        privacyPolicyUrl: 'https://miku3.net/privacy.html'
      };

      var ui = new firebaseui.auth.AuthUI(firebase.auth());
      ui.start('#firebaseui-auth-container', uiConfig);
  </script>
</body>
</html>

done.html

ログイン完了時に表示される画面です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Firebase Auth for GitHub</title>
</head>
<body>
  <h1>...Please wait</h1>
  <div id="info"></div>

  <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.1/firebase-app.js"></script>
  <script src="https://www.gstatic.com/firebasejs/5.8.1/firebase-auth.js"></script>
  <script src="/js/config.js"></script>
  <script>
    firebase.auth().onAuthStateChanged( (user) => {
      let h1   = document.querySelector('h1');
      let info = document.querySelector('#info');

      if(user) {
        h1.innerText   = 'Login Complete!';
        info.innerHTML = `${user.displayName}さんがログインしました<br>` +
                         `(${user.uid})`;
        console.log(user);
      }
      else {
        h1.innerText = 'Not Login';
      }
    });
  </script>
</body>
</html>

実行結果

FirebaseのWebコンソールからは以下の通り確認できます。

参考ページ


- Sponsored Link -

同じカテゴリの記事

Donate

投げ銭お待ちしております!

BTC3A9nH1j7qQdKrSTrmnEdweo6zPqpHBmkxC
ETH0x1aE0541198D1F9f2908a25C35032A473e74D3731
XPXaQ9zv65F9ovfoMBrFGiPRG47aSHFhy8SX
MONAMTKgzSiS5BDueZkRCHySih24TGFwHThaDQ (MonaCoin)
ZNYZhnpf4RFYVQTAQiyoJg9dGoeC4bgT3BoSy (BitZeny)

ご質問やリクエストなどお気軽に。メールアドレスの入力は任意です。書き込みが反映されるまで時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください