CentOS7.5にLibreOfficeをyumでインストールする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

CentOS上でオフィススイートが必要になったため、今回はLibreOfficeを入れてみます。

10年ほど前に同じく無料のオフィススイートであるOpenOfficeを使っていたのを思い出しましたが、軽くググると2011年に開発プロジェクトは解散しApacheに譲渡されたみたいですね。当時はUIが残念で日々ストレスでハゲそうでしたw それに反してLibreOfficeは最初に触ったときから非常に使いやすいかったのをよく覚えています。

- SponsoredLink -

インストール

yumのリポジトリにいるので、コマンド一発で入ります。
表計算ソフトのCalcだけあればよかったのですが、ひとまず全部入れてみることにします。指定するのはlibreoffice本体とメニューなどを日本語化するパッケージ。

$ sudo yum install libreoffice libreoffice-langpack-ja

MicrosoftOfficeだと数Gbyteあるのでドキドキしてましたが、yumによるとディスク使用量は約500Mとのこと。

総ダウンロード容量: 156 M
インストール容量: 519 M

動作チェック

yumでのインストールが完了するとメニューにインストールが完了したアプリたちがずらっと登場します。(XWindowのデスクトップ環境としてここではMATEを使用しています)

あとは実際にどれでも良いので起動してみます。メニューなどUIも最初から日本語になってますね。

ディスク使用量

実際、インストール完了後のディスク使用量を見ると、インストール前が約4G、インストール後が約4.6Gのようなのでほぼ前提情報通りとなりました。

オープンソースがなぜビジネスになるのか (MYCOM新書)
井田 昌之 進藤 美希
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 1,272,860
- SponsoredLink -

同じカテゴリの記事

Donate

投げ銭お待ちしております!

BTC3A9nH1j7qQdKrSTrmnEdweo6zPqpHBmkxC
ETH0x1aE0541198D1F9f2908a25C35032A473e74D3731
XPXaQ9zv65F9ovfoMBrFGiPRG47aSHFhy8SX
MONAMTKgzSiS5BDueZkRCHySih24TGFwHThaDQ (MonaCoin)
ZNYZhnpf4RFYVQTAQiyoJg9dGoeC4bgT3BoSy (BitZeny)

コメントはお気軽に(゚∀゚)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください