[Redmine] view customize pluginをインストールする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Redmineを利用していると、プラグインを入れるほどではないけど細かいちょっとした部分をカスタマイズしたい欲求に襲われることが毎日のようにあります。しかしRedmineのソース自体に手を入れてしまうとバージョンアップ時に移行が面倒なことになってしまう。そんな時に使うのがRedmine view customize pluginです。

原理はシンプルで、Redmineの指定したページにHTMLやCSS、JavaScriptを埋め込めるというだけの物です。データはすべてDBに保存されますのでバージョンアップ時に困ることもありません。

今回はインストールから簡単なカスタマイズを行うところまでをまとめます。

- Sponsored Link -

インストール

ここではBitnami版のRedmineを使用していますが、他の環境でも同様の手順になります。
またRedmine4.1で動作確認をしています。

ソースコードをセット

まずはRedmineをインストールしたディレクトリへ移動し、pluginsディレクトリの直下へGitHubからソースコードをcloneします。ここでディレクトリの名前をview_customizeにすることをお忘れなく。当初アンダーバー(_)をハイフン(-)と勘違いしてハマりましたw

$ cd /opt/bitnami/apps/redmine/htdocs
$ git clone https://github.com/onozaty/redmine-view-customize.git plugins/view_customize

環境を整える

bundle(rake)で不足しているモジュールのインストールやDBのマイグレーションを行います。

$ bundle install --without development test
$ bundle exec rake redmine:plugins:migrate RAILS_ENV=production

Webサーバを再起動

最後にWebサーバを再起動しプラグインを反映します。

$ sudo /etc/init.d/bitnami restart apache

正常にインストールされたか確認する

Redmineに管理者ユーザーでログインし、上部メニューの「管理」→「プラグイン」からView Customize pluginの項目が表示されていればインストール成功です。

一般的なRedmineのプラグインの導入手順ですね。

カスタマイズする

では早速カスタマイズしていきます。

管理者ユーザーでRedmineへログインし、上部メニューの「管理」→「表示のカスタマイズ」とたどります。

右側にある「新しい表示のカスタマイズ」をクリック。

カスタマイズ内容を入力する画面になるので、ここでお好みの設定を行います。以下は全プロジェクのWikiの入力画面を等幅フォントにする設定を行っています。

念の為、該当するページに移動して確認しておきましょう。HTMLのソースを表示すると実際に埋め込まれているのを確認できます。

あとはこの繰り返しです。ご覧の通り原理的には何でも出来てしまうため最初は面白くなって色々やりたくなりますw ただあまりに埋め込む数が多かったりコード量が膨大だと、今度はそちらの管理が大変なことになりますのでほどほどにして置かないとのちのち死にますw

カスタマイズ例

以下のリポジトリに様々なカスタマイズ例があるのでこちらも参考になります。

参考ページ

このブログを応援する

お寄せいただいたお気持ちは全額サーバ代や次の記事を執筆するための原資として活用させていただいております。この記事が参考になった場合などぜひご検討ください。

PayPal(ペイパル)
PayPalで300円支払う
※金額は任意で変更できます。
※100円でも泣いて喜びますw
※住所の入力欄が現れた場合は「no needed」を選択ください
これまでのご協力者さま
- Sponsored Link -

ご質問やリクエストなどお気軽に。メールアドレスの入力は任意です。書き込みが反映されるまで時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください