はじめてのGatsbyJS – 導入編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最終的にWordpressをデータソースに、静的なページを吐き出したくなりまして、PWA的なナウいコードが吐き出せるGatsbyを試してみました。

そもそもGatsbyって何やねんという方にはこちらのスライドがわかりやすいです。

今回はGetting Startedページに沿ってまずは基本的な扱い方を学んでみます。macOS上で試していますが他のOSでも同様に試せると思います。

- SponsoredLink -

インストール

npmで一発でした。

$ npm install --global gatsby-cli

$ gatsby --version
1.1.49

npmが入っていない方は以下のページを参照くださいませ。nodeを入れると自動的にnpmも入ります。

クイックスタート

サンプル用のプロジェクトを作成

gatsby-siteという名前のテストプロジェクトを作成します。以下のコマンドは環境にもよりますがぼちぼち時間がかかります(数分程度)

$ gatsby new gatsby-site

プロジェクト名のディレクトリが作成されます。
中身は以下の通り。

$ ls 
gatsby-site/

$ ls -a gatsby-site
./        .gitignore    LICENSE      gatsby-browser.js  gatsby-node.js     node_modules/      package.json
../       .prettierrc   README.md    gatsby-config.js   gatsby-ssr.js      package-lock.json  src/

開発用サーバを立ち上げる

プロジェクト用ディレクトリに移動し、gatsby developコマンドを打つと関係ファイルが簡易的にビルドされ開発用サーバが立ち上がります。

$ cd gatsby-site
$ gatsby develop

起動したらブラウザでhttp://localhost:8000にアクセスし以下のようなページが表示されれば成功です。

ファイルを編集すると自動的にビルドが走りリロードがかかります。gatsby developを実行したTerminalとブラウザのタブはいったんこのままにしておきます。

編集する

ビルド前のファイルはsrc/pagesの下に保存されているのでこれを編集してみます。

$ ls src/pages 
404.js     index.js   page-2.js

$ vi src/pages/index.js

中身をのぞくとガッツリReactですねw

6行目の<h1>Hi people</h1><h1>Hi Gatsby</h1>に変更して保存してみると、gatsby developを実行したTerminalで自動でビルドが走り、ブラウザが自動でリロードがかかります。

本番用にビルドする

こちらもコマンド一発です。

$ gatsby build

publicディレクトリに実際のファイルが吐き出されるみたいですね。

### build前
$ ls public 
index.html          render-page.js.map  static/

### build後
$ ls public 
404/                                                          component---src-pages-page-2-js-65f0147ecb0dc4da2a2b.js.map
404.html                                                      index.html
app-63df85f3e657e92d9dbb.js                                   page-2/
app-63df85f3e657e92d9dbb.js.map                               path----557518bd178906f8d58a.js
build-js-styles.css                                           path----557518bd178906f8d58a.js.map
build-js-styles.css.map                                       path---404-a0e39f21c11f6a62c5ab.js
chunk-manifest.json                                           path---404-a0e39f21c11f6a62c5ab.js.map
commons-7392ea54dc158570a715.js                               path---404-html-a0e39f21c11f6a62c5ab.js
commons-7392ea54dc158570a715.js.map                           path---404-html-a0e39f21c11f6a62c5ab.js.map
component---src-layouts-index-js-329b62bfaa9d28200675.js      path---index-a0e39f21c11f6a62c5ab.js
component---src-layouts-index-js-329b62bfaa9d28200675.js.map  path---index-a0e39f21c11f6a62c5ab.js.map
component---src-pages-404-js-4503918ea3a16cfcdb75.js          path---page-2-a0e39f21c11f6a62c5ab.js
component---src-pages-404-js-4503918ea3a16cfcdb75.js.map      path---page-2-a0e39f21c11f6a62c5ab.js.map
component---src-pages-index-js-69d2492f3ae4f9255524.js        static/
component---src-pages-index-js-69d2492f3ae4f9255524.js.map    stats.json
component---src-pages-page-2-js-65f0147ecb0dc4da2a2b.js       styles.css

本番用にbuildしたファイルを確認するにはgatsby serveコマンドを叩いて確認用サーバを立ち上げます。

$ gatsby serve

Terminalにも表示されていますが、http://localhost:9000/ へアクセスすると本番用にビルドされたファイルを確認することができます。

公開する

publicディレクトリ配下にあるファイルをまるっとApacheなどのドキュメントルート直下に配置するか、AWSのS3などにおけば完了です。

次回はWordpressの吐き出しに挑戦

ここまででざっくりと使い方はわかりました。Reactをマスターしていれば中々良さそうなジェネレーターですね。

何でこんなことやってるかと言うと、Twitterの方にも書いたのですが、現状使ってるLightsailが$5プランとメモリが貧弱すぎて何とかしようとしたのが事の発端ですw ケチらずにスペック上げろよという話もあるんですけどねw

というわけで中間目標としてはWordpressのDBをデータソースとしてコードを吐き出すところに挑戦してみたいのですが、これも毎回コマンド叩くのも面倒なのでWordpressに投稿するとJenkinsが自動的にgatsby buildしてS3に上げるところまでやりたいところですねw

ひとまず今日はここまで。お疲れ様でした!

華麗なるギャツビー(字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 8,946
- SponsoredLink -

Donate

投げ銭お待ちしております!

BTC3A9nH1j7qQdKrSTrmnEdweo6zPqpHBmkxC
ETH0x1aE0541198D1F9f2908a25C35032A473e74D3731
XPXaQ9zv65F9ovfoMBrFGiPRG47aSHFhy8SX
MONAMTKgzSiS5BDueZkRCHySih24TGFwHThaDQ (MonaCoin)
ZNYZhnpf4RFYVQTAQiyoJg9dGoeC4bgT3BoSy (BitZeny)

コメントはお気軽に(゚∀゚)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.