[Firebase] プロジェクトを新規に作成する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

しばらく見ないうちにFirebaseでできることが驚くほど増えていたので、今回からしばらくFirebaseを触ってみたいと思います。

Firebaseが何たるかは公式サイトをご覧ください。

プロジェクトを作成する

Firebaseのコンソールへログインします。Googleアカウントが必要になりますので、Firebaseで利用したいアカウントでログインを行ってください。

「プロジェクトを追加」ボタンをクリック

プロジェクトの情報を入力する画面になります。

- Sponsored Link -

プロジェクト名
半角英数字と、スペース、一部の記号で適当な名前を入力します。
プロジェクト ID
自動採番されますが、重複しなければ自分でつけることもできます。
アナリティクスの地域
下の方にある「日本」を選択。収益情報やGoogleの管理用に使われる項目のようで、データを保管するリージョンなどは別に指定が可能です。
Cloud Firestore のロケーション
FirebaseのDBのリージョンを指定するのですが、後から変更ができないそうなので慎重に選択します。東京を選びたい場合は「ASIA-NORTHEAST1」を指定します。リージョンの一覧はこちらを参照。
Firebase 向け Google アナリティクスのデータ共有にデフォルトの設定を使用する
宗教的に問題なければチェックします
測定管理者間のデータ保護条項に同意します。Google サービスの改善のためにアナリティクス データを共有する場合は同意する必要があります。
チェックします

最終的に「プロジェクトを作成」ボタンをクリックすると作成処理が始まりますが、これは1分もかからず完了します。

以下の画面になれば成功です!

「次へ」ボタンをクリックすると、プロジェクトのダッシュボードへ移動します。

以上でプロジェクトの作成は自体は完了となります。リージョンの選択さえ間違えないよう注意する必要がありますが、簡単でしたよね?いよいよFirebaseライフが始まりますね。早速お好みの機能を触ってみてください。お疲れ様でした!

参考ページ

このブログを応援する

お寄せいただいたお気持ちは全額サーバ代や次の記事を執筆するための原資として活用させていただいております。この記事が参考になった場合などぜひご検討ください。

PayPal(ペイパル)
PayPalで500円支払う
※金額は任意で変更できます。
※100円でも泣いて喜びますw
- Sponsored Link -

ご質問やリクエストなどお気軽に。メールアドレスの入力は任意です。書き込みが反映されるまで時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください