[AWS] Node.js版 aws-sdkを設定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Node.jsからAWSの様々なサービスを利用できるaws-sdkを使ってみます。
今回はインストールから利用開始できるまでの設定を行います。

AWS上の操作は大丈夫という方は、「Nodeから利用する」の項目からご覧ください。

- Sponsored Link -

AWS側の準備

IAMの作成

慣れてないと一番面倒な(罠にハマりやすい)のがこいつですねw 要はアカウントの作成です。IAMは使い回すのではなく用途毎に作成するのがおすすめです。

AWSのManagementConsoleにログインし、メニューからIAMを選択。

IAMのページに移動したら左側のメニューから「ユーザー」、「ユーザーの作成」を選択。

作成するユーザー名を適当に入力し、「プログラムによるアクセス」にチェック。

必要な権限をチェックします。今回は試験的にS3を触りますので「AmazonS3FullAccess」にチェックしました。

最終的にユーザーが作成され以下の画面になったら、「アクセスキーID」と「シークレットアクセスキー」に表示される文字列をどこかにメモします。

S3のバケットを作成

今回はS3を利用しますので、先にS3へバケットを作成しておきます。必要ない方は次の項目にスキップしてください。

ManagementConsoleでS3へ移動したら、「バケットを作成する」をクリック。

バケット名を入力し、リージョンを選択。これ以上設定しない場合は画面左下にある「作成」ボタンをクリック。バケット名はURLのドメインのような書式で、他のユーザーと重複しない値を入力する必要があります。

これでAWS上での準備が完了しました。

Nodeから利用する

アクセス情報を保存

ここからNode側の設定を行います。まず適当なファイルに先ほど作成したIAMの情報をJSON形式で保存します。JSON形式で保存する際には「キー」の文字列もダブルコーテーション(“)で囲ってあげる必要がある点に注意です。

$ cat ~/.aws/credentials.json
{
  "accessKeyId": "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
  "secretAccessKey": "SSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSS"
}

.awsディレクトリはAWSのCLIの設定を行うと作成されるディレクトリです。ここでなくてももちろん構いませんが、このファイルはいわゆるパスワードが生の状態で記録されていますので、Gitなどのリポジトリへの登録は避けることをオススメします。

インストール

適当なNode.jsのプロジェクトのディレクトリに移動、npm installコマンド一発で入ります。

$ npm install aws-sdk

Nodeから利用する

先ほどインストールしたaws-sdkを初期化し、S3へ情報を保存してみます。実行後にS3上に新しくファイルfoo.txtが作成されていれば成功です。

//--------------------------------------
// AWS初期化
//--------------------------------------
const AWS = require("aws-sdk");
AWS.config.loadFromPath("/home/foo/.aws/credentials.json");   // IDとAccesskeyを読み込み
AWS.config.update({region: "ap-northeast-1"});                // リージョンを東京に設定

//--------------------------------------
// S3へデータを保存してみる
//--------------------------------------
const s3 = new AWS.S3();
const params = {
  Bucket: "foo.example.com",  // バケット名
  Key: "foo.txt",             // ファイル名(ディレクトリを含めたパスを書きます)
  Body: "bar",                // ファイルの内容
  ContentType: "plain/text"   // MimeType
};
// 送信
s3.putObject(params, (err, data)=>{
  if (err) console.log(err, err.stack);
  else     console.log(data);
});

初期化の部分は他のAWSのサービスを利用するときも同じです。適当な関数やクラスなどにして置くと使い勝手も良さそうですね。

参考ページ

- Sponsored Link -

ご質問やリクエストなどお気軽に。メールアドレスの入力は任意です。書き込みが反映されるまで時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください