OpenSSLをWindows10にインストールする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Windowsで証明書関係の作業をしたくなったので、PowerShellから利用できるOpenSSLをインストールします。基本的にはインストーラーの言う通りに入れて環境変数を設定するだけです。

- Sponsored Link -

OpenSSLのインストール

ダウンロード

Windows用にビルドされたアプリが配布されていますのでこれを利用します。

ページ中央にある「Win64 OpenSSL v1.1.1j Light」のEXEまたはMSIのリンクをクリックしダウンロードします。

このアプリ、コード署名がされてないようでWindowsが必死に弾こうとするので抵抗します。

もう一度本当に良いか聞かれます。さっき良いって言ったやんw

インストール

先ほどダウンロードしたインストーラーをダブルクリックで起動すると、今度はWindows Defenderが抵抗をしてくるので抗います。「詳細情報」をクリック。

画面下に「実行」ボタンが表示されるのでクリック。

今度はWindows本体から設定を書き換えて良いか聞かれるので「はい」をクリック。

ここからがインストーラーの画面です。規約が表示されるので問題なければacceptの方にチェックを入れて「Next」をクリック。

インストール先のフォルダを指定し「Next」をクリック。

スタートメニューのフォルダ名を指定し「Next」をクリック。こだわりが無ければそのままでOKです。

下の方を選択し「Next」をクリック。 

インストール内容は表示されるので問題ければ「Next」をクリック。

インストール完了画面です。寄付を行う場合はチェックを入れます。この場では寄付をしない場合はチェックをすべて外し、「Finish」ボタンをクリックすれば完了です。

パスを通す

DOS窓やPowerShellで利用できるようにパスの設定を行います。

スタートメニューの「設定」からたどるか、タスクバーの検索窓に入力します。

「環境変数」をクリック

「Path」を選択した状態で「編集」ボタンをクリック。

「新規」ボタンをクリックするとテキストボックスが表示されるので、インストールしたフォルダ名を入力します(デフォルトのままインストールした場合は C:\Program Files\OpenSSL-Win64\bin

設定に利用したウィンドウをすべて閉じ、PowerShellなどでopensslコマンドが実行できるかバージョン情報などを表示して確認します。ここでは1.1.1が入りました。

PS C:\Users\katsube> openssl version
OpenSSL 1.1.1j  16 Feb 2021

参考ページ

コメント

ご感想やご質問などお気軽にどうぞ。書き込むにはfacebookへのログインが必要です。

このブログを応援する

お寄せいただいたお気持ちは全額サーバ代や次の記事を執筆するための原資として活用させていただいております。この記事が参考になった場合などぜひご検討ください。

PayPal(ペイパル)
PayPalで300円支払う
※金額は任意で変更できます。
※100円でも泣いて喜びますw
※住所の入力欄が現れた場合は「no needed」を選択ください
これまでのご協力者さま
- Sponsored Link -