自分のグローバルIPを確認するコマンド「showip」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

手前味噌ですが、自分のグローバルIPをコマンド一発で確認できる「showip」をついカッとなって作成しました。VPNやプロキシ経由で接続中に自分のIPがほんとに変わったか確認したかったのです。

$ showip
203.0.113.1

内部の処理的にはIPアドレスを表示してくれるWebサービスにリクエストを投げその結果を表示しているという非常にシンプルな物です。

対応しているサービスは以下の通り(デフォルトはAWS)。

service_cddefaultURL
awshttps://checkip.amazonaws.com
googlehttps://domains.google.com/checkip
ifconfigiohttps://ifconfig.io/ip
ifconfigmehttps://ifconfig.me/ip
ipaddrshowhttp://ipaddr.show/
- Sponsored Link -

インストール

Node.jsがインストールされている状態で以下のコマンドを実行します。

$ npm install -g showip-cli

ここでは1.0.0が入りました。

$ showip --version
1.0.0

実行方法

showipと打つだけです。HTTPSで外部と通信ができる必要があります。

$ showip
203.0.113.1

デフォルトではAWSに対して確認を行いますが、サービス名を指定することで切り替えを行うこともできます。AWSがダウンしたりサービスが終了した場合、または宗教的な問題がある場合などにご利用ください。

$ showip -s google
203.0.113.1

最後に

プルリクなどあればお気軽にどーぞ。

Node.jsは思いついたらぱぱっと作って、すぐにnpmで配布できるから便利ですよね。書き始めてから配布まで30分くらいでした。

まぁ…冷静に考えるとaliasを設定すれば良いだけなんですけどね←

alias showip='curl https://checkip.amazonaws.com'

参考ページ

コメント

コメント欄は休止中です。お問い合わせはこちらからどうぞ。ご質問はTwitterにリプを投げてください。

このブログを応援する

お寄せいただいたお気持ちは全額サーバ代や次の記事を執筆するための原資として活用させていただいております。この記事が参考になった場合などぜひご検討ください。

PayPal(ペイパル)
PayPalで300円支払う
※金額は任意で変更できます。
※100円でも泣いて喜びますw
※住所の入力欄が現れた場合は「no needed」を選択ください
これまでのご協力者さま
- Sponsored Link -