[macOS] Finderで隠しファイルを表示する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

小ネタです。いつも忘れるのでメモ。
macOSはLinuxなどと同様にファイル名やフォルダ名の先頭にドット(.)が付くと、Finderなどで表示されない「隠しファイル」として扱われます。

結論から言うと コマンド(⌘) + シフトキー + ドットキー(.)を同時押しでFinder上に表示することができます。

同じショットカットキーをもう一度実行すると非表示にもどります。

- Sponsored Link -

おまけ

再起動後も設定を有効にしたい

Terminalで以下のコマンドを実行します。

表示

$ defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles true
$ killall Finder

非表示

$ defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles false
$ killall Finder

ただ、普段目に入れる必要のないファイルは非表示にしている方が個人的には快適です。また誤って消す恐れもないので通常は非表示のまま使うのが安全です。確認したいときだけショットカットキーで表示させればよいのです。

Terminalで表示する

lsコマンドに-aオプションを付けます。コマンドラインの学習を始めたらまっさきに覚えるヤツですねw

$ ls -a 
./                                                         .phpls/
../                                                        .proxyman/
.CFUserTextEncoding                                        .proxyman-data/
.DS_Store                                                  .rest-client/
.IdentityService/                                          .rnd
.ServiceHub/                                               .serverless/
.Trash/                                                    .serverlessrc
.android/                                                  .sh_history
.ansible/                                                  .ssh/
.aws/                                                      .subversion/
(略)
- Sponsored Link -

ご質問やリクエストなどお気軽に。メールアドレスの入力は任意です。書き込みが反映されるまで時間がかかります。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください