WebWorker

[HTML5] WebWorkerで並列処理を行う – 共有ワーカー編

前回はWebWorkerの中でも最もシンプルに並列処理を扱うことができる「専用ワーカー (Dedicated Worker)」について取り上げました。今回はiframeや他のウィンドウ(タブ)などから起動中のWorkerを利用することのできる「共有ワーカー(Shared Worker)」について取り上げます。

ページが違えど処理は共通と言った場合に利用すれば、クライアントのリソースの消費を抑えることが可能です。
続きを読む

[HTML5] WebWorkerで並列処理を行う – 専用ワーカー編

JavaScriptは非同期処理だから、複数同時に処理してるんでしょ?……と思っていた時期がありましたw JavaScriptの非同期処理とは時間のかかる処理の待ち時間で他のことをやってしまおうという物で、雑に言うなら実行する順番をコントロールする仕組みのことです。つまり並列処理とは異なる物。

本来の意味での並列処理を実装するための機能はWebWorkerで実装することができます。シンプルな仕様にまとめられているため簡単にJavaScriptでも並列処理を実現できます。WebWorkerにはいくつか種類があるのですが、今回は「専用ワーカー(Dedicated Workers)」について取り上げます。
続きを読む