前回は非同期なrequestモジュールを利用してHTTP通信を行いましたが、今回は同期処理が行えるrequest-promise-nativeを使っていきます。Promiseが使えます!

続きを読む