小ネタです。

FirebaseでCloudFunctionsを利用してRESTful APIを作成していると、通常はhttps://[Region]-[ProjectID].cloudfunctions.net/[関数名]といったURLになるわけですが、これを独自ドメインで運用したい、またはパスを変更したい場合の設定方法です。
続きを読む