nkf

[Linux] 改行コードを変換する

改行コードの種類

まず大前提としてOSや利用している環境によって、最近では大きく2つの改行を表す文字コードが存在します。

改行コードOS
LFLinux, macOSなど
CR+LFWindowsなど

以前のMacOSではCRが採用されていましたが、MacOSX以降はUnix系OSと同じLFとなっています。

変換の必要が出てくるシチュエーションとしては、Windows環境からLinuxなどへファイルを移した時などですね(もちろんWindowsでも環境を整えればLFで作成はできますが)
続きを読む

[Linux] 文字コードを変換する

Linux上で文字コードを変換するコマンドといえば、nkficonvの2つ。よく忘れるので備忘録がてらオプションと使い方をメモしておきます。

nkf

実行例1 – 出力する文字コードを指定

入力側の文字コードは自動で判定してくれますので、出力側の文字コードをオプションで指定します。

$ nkf -s foo.txt > foo_sjis.txt
$ cat foo.txt | nkf -s > foo_sjis.txt

続きを読む

[Linux] 文字コードを調べる

指定したテキストファイルの文字コードをLinuxではnkfコマンド、またはfileコマンドで確認することができます。

$ nkf --guess foo.txt
UTF-8 (LF)
$ file foo.txt 
foo.txt: UTF-8 Unicode text

よく忘れるのでメモ。
iconvは変換だけで表示はしてくれないみたいですね。

続きを読む