JavaScriptやCSSには人間が読みやすいよう、改行やスペースを設けたり、パット見て何に利用するかわかりやすい変数名をつけるわけですが、これは対人間用であってそれを実行する機械にとっては邪魔でしかありません。変数は1文字あれば十分ですし、改行やスペースなどのいわゆる「ホワイトキャラクター」はそもそも不要です。

そんなときに利用するのがminify。
webpackなどを利用していれば、最終的な出力時に自動的にやってくれますが、手元で個別のファイルに対して実行したいときがありますよね。今回はwebpackも内部で採用しているUglifyJSと、CleanCSSのCLIツールを利用して、JavaScript/CSSのminifyを行ってみます。

続きを読む