map()を利用すると、元になった配列の要素を順番に処理していき新しい配列を生み出すことができます。mapは元になった配列を変更しません。

/**
 * 2乗する
 */
const list = [1, 2, 3, 4, 5]
const newlist = list.map( value => value * value)

// [1, 4, 9, 16, 25]
console.log(newlist)

mapはよくforEachと比較されますが、forEachは戻り値を返さない特徴があります。戻り値を利用しない場合はforEachを使った方が一般的に高速に処理が行なえます。

続きを読む