HTTPヘッダ

[Linux] コマンドラインでHTTP通信を行う – Telnet編

HTTP/1.1まではサーバクライアント間の通信内容がテキストでのやり取りのため、人間が手作業でサーバと直接やるとりすることが可能です。HTTPの勉強はもちろんですが、開発時にGoogleChromeなどWebブラウザや便利ライブラリによってブラックボックス化されないため純粋な通信状況を確認する際に役に立ちます。

今回は古来から伝わるtelnetコマンドで行う方法を試してみます。
続きを読む

[Apache] バージョン情報を出力しない

本番用のWebサーバでは利用しているソフトウェアのバージョン情報を表示しません。
例えば何らかの事情で最新版を利用していないことがわかると簡単に脆弱性を突かれてしまいます。また直接的に攻撃をされなくともクラックのきっかけになりますので不要な情報を第三者に公開すべてきではないというのがセオリーです。

そこで今回はApacheとPHPのバージョン情報を出力しない設定を施したいと思います。
続きを読む