Cache-Control

[Firebase] Cloud Functionsの実行結果をCDNにキャッシュする

Firebaseで動的に情報を出力する場合にCloudFunctionsを利用するわけですが、頻繁に情報が変化しない場合など実行結果を一定時間キャッシュしたくなりますよね。Firebaseでは非常に手軽に実装できます。

結論から言うと以下のようにCache-Controlヘッダを出力するだけ。以下で30秒間Firebaseが用意するCDNに実行結果がキャッシュされます。publicのつけ忘れにご注意を。

res
  .set("Cache-Control", "public, max-age=30")
  .send("キャッシュされるよ");

最初これを知らずにCDNを別途用意して、Firebase側をオリジンに設定しようとしていましたw 危ない危ないw
続きを読む

[Apache] キャッシュ期限を指定する mod_expires

Webブラウザなどで何度も同じサイトにアクセスした際に、その都度変化する情報もあれば、全く更新されない情報もあります。前回と同じ情報であればブラウザ内部に一時的に保存し再利用してもらった方がサーバもクライアントもお互いに仕事が減って助かります。

今回はApacheのmod_expireモジュールを利用しクライアントに指定した期間、キャッシュさせてみます。
続きを読む