AmazonLinux

Clam AntiVirusをAmazon Linux2へ導入する

無料で使えるオープンソースのアンチウイルスソフト「ClamAV」をAWSのAmazon Linux2へインストールして動かすところまでをまとめます。

ウイルスはWindowsをターゲットとしたものが多く、限られたユーザーしか利用しないLinux環境だと入れないことが多かったりしますが、今回は専門学校の実習で50名前後の生徒にWebサーバーとして開放する関係で導入することにしました。さすがに意図的にウイルスをアップすることは無いと思いますがw 万全を期するに越したことはないですからね。
続きを読む

Let’s EncryptでワイルドカードなSSL証明書を入れる – Amazon Linux2編

WebサーバにSSL対応した約40件のサブドメインを追加する必要に迫られたのですが、さすがに1個ずつSSL証明書を発行するのは地獄なのでワイルドカード証明書を導入した際のメモになります。

無料のSSL証明書としておなじみのLet’s Encryptでは2018年からワイルドカード証明書に対応しているためこちらを利用します。

今回の環境は以下の通り。

  • Amazon Linux2
  • Apache 2.4.46

続きを読む

[AWS] LightsailでEMLauncherを動かす – AmazonLinux2編

iOS/Android用の開発中のアプリをチームで共有するための定番ツール「EMLauncher」をAWSのLightsailへインストールします。

基本的にLightsailに存在する機能を中心に設定しますが、一部AWS本体も利用します。

  • ファイルはS3へ保存
  • メール送信はSESを利用
  • S3とSES用のIAMを作成

まぁ…最近はDeployGateなどのクラウドサービスを利用する方が圧倒的に楽ちんなのですが、コストや管理上の問題など、自前で準備しなければならくなった場合に参考にしていただければと。
続きを読む

[Ansible] yumモジュールをdnfがインストールされていない環境で使う

Ansibleでyumモジュールを利用すると、裏側では環境に合わせて以下のいずれかのパッケージマネージャが自動的に選択されます。つまり、Ansible上ではyumモジュールなんだけど実際にはdnfがいつの間にか動いているといった自体が発生しますw

  • yum
  • yum4
  • dnf

このままだとdnfが入っていない環境下では利用することができませんし、AWSで頻繁に利用されるAmazon Linuxでは現在もyumが現役だったりします。困ったw

結論から言うと数行ちょちょいと設定すれば解決します。
続きを読む

[PHP] 7.1から7.3へアップグレードする

AmazonLinux上でPHP7.1を利用していたのですが、今年の12月でセキュリティアップデートの提供が終了するため、サポート期間が2021年12月までのPHP7.3へアップグレードしました。

パフォーマンスも20%程度アップするみたいですね。こちらも目的だったりもしますw

続きを読む