開発環境

はじめてのReact #19「開発環境を準備する」create-react-app編

ここまでご紹介してきたサンプルは学習やちょっとした検証には使えるのですが、実際に本番環境で動かすのには向いていません。というわけで今回は本番環境で動かすコードを作成するための開発環境を準備してみたいと思います。

Reactの開発環境

Node.jsのインストール

まず最初にNode.jsを入れる必要があるのですが、アップデートに対応しやすくするためバージョン切り替えが手軽に行えるツールをインストールした上でNode.jsの最新版を入れます。

MacやLinuxならnodebrew

Windowsならnodist

今回は以下のバージョンで構築を開始します。npmはNodejs用のパッケージマネージャーで、これを使って様々な便利ライブラリやツールをインストールすることができます。

$ node --version
v11.7.0
$ npm --version
6.5.0

create-react-appのインストール

Reactの開発環境をゼロから作ろうとすると中々に面倒なのですが、コマンド一発で必要な物を一式揃えてくれる便利ツールがfacebookより公式に提供されているので今回はこちらを利用してみます。

では先ほどインストールしたnpmコマンドを利用してこのcreate-react-appを入れます。npmを利用するとコマンド一発で入ります。

$ npm install -g create-react-app

今回は以下のバージョンが入りました。

$ create-react-app --version
2.1.3

続きを読む

[VisualStudio Code] 言語によってインデント幅を変更する

昔からの習性でコーディングする際のインデントはタブ派なんですよ、スペースの数は4つ。
ところが…

  • GitHubでソース見るとタブがスペース8つ分になる
    • ブラウザのデフォルト動作
    • URLの最後に?ts=4とかつけると変更はできるが…
  • JavaScript界隈だとスペース2個が主流っぽい

という空気を感じてまして、長いものには巻かれろ精神で、ひとまずJSだけインデントをスペース2個に変更することにしました。

続きを読む