小ネタです。
以前メスティンでの自動炊飯に挑戦したわけですが、そのあと何回お米を炊いても底が焦げてしまうのです。

この時はたまたまかと思ったのですが甘かった…。水を増やしたり、メスティン自体の場所を加熱中に少しずらしたりと色々やったのだけど解決せずorz 恐らくですが火力が1点に集中しすぎて小手先の技ではどうしても炎の熱でお米が焦げてしまうっぽい。

まぁお焦げの部分は結構好きなんですけどねw 問題はその周囲の水分が奪われてめっちゃ固くなるところ。焦げて風味がついてるわけでもないので、ただただ食べづらいw というわけでこのハードルが超えられないと他の料理をするのも不安なので解決策を模索していました。

固形燃料を変えるか、いっそトランギアのメスティンをプレミア価格で買うとか考えていたところ、目に止まった商品がこちら。

続きを読む