そのほか

台風19号関連のツイート〜武蔵小杉のすみっこから

武蔵小杉の端っこの方、多摩川まで徒歩数分のところに住んでいます。ええ、そうなんです。川崎市から配布されたハザードマップで真っ赤になってるところですねw

テレビなどで報道のあった通りこのエリアは2019年の台風19号により街中が浸水することになりました。私自身は幸いなことに被害はほとんどなかったのですが、生まれて始めて避難所に向かい夜を明かす体験をし、自宅の周囲がドロや水で覆われまともに生活することが困難な状態に見舞われました。

その際の状況をTwitterへ事ある毎にポストしていたため、ひとまず関連するツイートをここにまとめておきます。

続きを読む

deploygateが入らない – macOSにdgコマンドをインストールする

CLIからDeplyGateを利用できるdgコマンドですが、macOSでは通常コマンド一発で入ります。

$ curl -sSL https://deploygate.com/cli/install | bash

$ dg --version
dg 0.7.0

ところが環境によってはエラーとの戦いに突入しすんなり入ってくれません。というかなりました。Ruby製のソフトウェアはこの手の問題が発生しやすいイメージが強いのですが何とかならんもんですかね…(´・ω・`) Rubyと聞くと反射的に「ウッ」と変な声が出るようになりましたよw 自分でゼロから書く分には良いのでしょうが。

閑話休題。というわけで今回はmacOS Mojava(10.14.6)にdgコマンドを入れます。

なお、XCodeのコマンドラインツールは事前にインストールしておいてください。2行目はライセンスに同意するコマンドです。普通にXCodeを起動してボタンをクリックしても大丈夫です。

$ xcode-select --install
$ sudo xcodebuild -license accept

続きを読む

カナヘイ展に行ってきた (大満足)

8月5日の昼下がり、カナヘイ展に行ってきました。

カナヘイ先生が昨年プロデビュー15周年を迎えたのを記念し、7月25日から8月6日まで松屋銀座で開催された展覧会。春ごろに発表されて以来ずっと気になっていたのですが、女子だらけの空間におっさんが行って空気を乱すのもなぁ…と迷っていたのですよ。ところがTwitterを眺めていると思ったよりも男性がいる(゚д゚)! これは行っても大丈夫なヤツか!?とドキドキしながら現地に向かいました。

いやね、うさぎとピスケが大好きなんですよw 自分とチャットしたことある人なら望むと望まないとに関わらず一度はスタンプくらってるハズw
続きを読む

Web版「Sign In with Apple」を実装する

今年のWWDCで発表された「Sign In with Apple」のWeb版(JavaScript版)を実装してみたいと思います。

今回、裏側はFirebaseを利用していますが、Authenticationは使っていませんので、一般的な環境でも参考になると思います。(執筆時点でまだFirebaseが未対応なので使いたくても使えないわけですがw)

※2019-09-23 「1.5 ユーザーを一意に特定するID」追記

続きを読む

JavaScript/CSSをコマンドラインでminifyする

JavaScriptやCSSには人間が読みやすいよう、改行やスペースを設けたり、パット見て何に利用するかわかりやすい変数名をつけるわけですが、これは対人間用であってそれを実行する機械にとっては邪魔でしかありません。変数は1文字あれば十分ですし、改行やスペースなどのいわゆる「ホワイトキャラクター」はそもそも不要です。

そんなときに利用するのがminify。
webpackなどを利用していれば、最終的な出力時に自動的にやってくれますが、手元で個別のファイルに対して実行したいときがありますよね。今回はwebpackも内部で採用しているUglifyJSと、CleanCSSのCLIツールを利用して、JavaScript/CSSのminifyを行ってみます。

続きを読む

[GitHub] Markdownの「シンタックスハイライト」に対応している言語一覧

Markdownでプログラムのソースコードを記述する場合に使うバッククォート3つで囲う「コードブロック」ですが、気の利いた環境だと自動的にシンタックスハイライトによって予約語やコメント分などを色分けして見やすく表示してくれます。

GitHubも例外ではなく、各リポジトリに常設されているWikiやREADMEなどをMarkdownで記述した場合は自動的にシンタックスハイライトされます。

メジャーな言語であればそのまま記述すればよいのですが、例えばYAMLやJSONなどのデータ形式や、Apacheの設定ファイルなどそもそもカラーシンタックスに対応しているのか、対応している場合キーワードはなんだろうと迷いますよね。

今回はGitHubが対応しているカラーシンタックスの設定一覧をまとめておきます。
続きを読む

コストから考えるGoogleのクラウドゲーミング「Stadia」

GDC2019でGoogleから新たなクラウドゲーミングサービス「Stadia」が発表されました。概要についてはGIZMODEの記事がわかりやすいので詳しくはこちらをどーぞ。

Stadiaを耳にした際にに真っ先に頭に浮かんだのはスクエニが子会社を設立してまで立ち向かった「シンラテクノロジー」でした。

シンラテクノロジーは2014年に設立され、思わずニヤリとしてしまうネーミングからも話題になりましたが、残念ながら実際にサービスインすることなく2016年には20億円の特損を出し会社ごと清算する運命をたどりました。また同じく2016年にはG-clusterを当初提供していた「Gクラスタ・グローバル」社も債務超過に陥り倒産しています。現在はブロードメディアの子会社が事業を引き継いでいます。具体的に何にどれくらい資金を注ぎ込んだのかは公表されていませんが、クラウドゲーミングはとにかくお金がかかると認識させられたのをよく覚えています。

Google先生の膨大な資金力があれば会社毎逝くことはないでしょうが、事業単体では巨額の赤字を抱えて死ぬのではという未来が頭をよぎって仕方ありません。
続きを読む

Twitterアプリを新規に作成する

Twitterのログイン機能を自分のサイトに設置したり、APIを利用するためにはTwitterへ開発者登録後にアプリの作成を行う必要があります。

デベロッパー登録

開発者登録を行っていない場合はこちらをまずは行います。詳細は過去の記事を参照ください。

Twitterの中の人が申請内容の確認作業を行うため、審査中はアプリの登録や利用などは行うことができません。タイミングによりますが私の場合は4時間程度でした。ネット上を見回すと10日前後かかった方もいらっしゃるようなので、早めにやっておいたほうが良いでしょう。

この作業は最初の1度だけです。

アプリを作成する

新規登録

Twitterのデベロッパーサイトへアクセスします。


続きを読む

TwitterのDeveloper登録をする – 2019年2月版

以前はTwitterのAPIを利用するためには所定の項目に入力すればそれで終わっていたのですが、最近は入力した項目をTwitter社の方が問題ないかチェックをしているようです。世知辛い世の中になったもんです(´・ω・`)

今回はTwitterへデベロッパーアカウントとしての申請を行ってみます。

申請する

ログイン

Twitterにログインした状態、または以下のページにアクセスし申請を行うアカウントでログインを行います。

続きを読む

はじめての Font Awesome

いつも使い方を忘れるのでメモ。

公式ドキュメント

Start」と「Basic Use」あたりに一通り書いてありますので、基本的にはこちらを参照するのが最も正確です。

ライセンス

無料版ではアイコン、フォント、コードによってそれぞれ別れています。いずれも一般的なWebサイトなどで利用する分には個人、商用問わず利用できます。GPLのようにコードの公開やコピーレフトもありません。

Icons
CC BY 4.0 License
Fonts
SIL OFL 1.1 License
Code
MIT License

使い方

ライブラリ

Startページでlinkタグを生成し、利用したいページのheadタグ内などに貼り付けます。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title>Hello FontAwesome</title>
  <link rel="stylesheet" href="https://use.fontawesome.com/releases/v5.7.2/css/all.css" integrity="sha384-fnmOCqbTlWIlj8LyTjo7mOUStjsKC4pOpQbqyi7RrhN7udi9RwhKkMHpvLbHG9Sr" crossorigin="anonymous">
</head>
<body>

</body>
</html>

続きを読む

[時事] なぜチャリは首都高に突撃するのか

首都高にチャリが突撃したというニュースを時々見かけますよね。つい先日も話題になっていました。

高速道路を走る1台の自転車。自転車が高速を走ることはもちろん禁止されていて、非常に危険な状態です。これは、14日午後11時すぎ、首都高速の霞が関トンネル付近を自転車が走る様子を捉えたドライブレコーダーの映像です。映像を提供した男性によりますと、自転車は時速およそ50キロで走っていたということです。

首都高の出入り口

普段首都高を利用しない方であれば、普通に考えればそんなことありえない、そんな風に思っていた時期が自分もありました。ここで自分がいつも利用しているICの動画が手元にあったのでアップしてみました。

荏原IC(入り口)

続きを読む

確定申告の混雑予報 2019年

今年は初日に確定申告してきたのですが、税務署の壁面に混雑予報が貼ってあったのでパシャリ。

これはあくまで川崎北税務署の見解のようですが、他の地域でも参考になるかもしれません。
やっぱり最終週はアルマゲドン状態みたいですねw

自分の場合は11:30に到着し、すべて終わるまで90分程度でした。
昨年は開始してから数日経過してから訪れたので待ち時間は5秒くらいでしたがw あと午前中よりも午後の方が空いてそうです。みなさん午前中に税務署に直行し午後から仕事という思考ではないかと。

行列に並んでる時間は長いのですが、実際に窓口の方に書類を渡してからは1分もかかりませんでした。逆に不安になるから少しくらいチェックしてほしいw あとは税務署から電話がかかってこないことを祈るのみです。
続きを読む

Appleからのメール: Two-Factor Authentication Required Soon

本日AppleからAppStoreのDeveloper向けにメールが飛んできました。
要約すると、2019年2月27日からDeveloperのアカウントは2段階認証が必須になるから設定してね とのこと。

Dear Makito,

In an effort to keep your account more secure, two-factor authentication will be required to sign in to your Apple Developer account and Certificates, Identifiers & Profiles starting February 27, 2019. This extra layer of security for your Apple ID helps ensure that you’re the only person who can access your account. If you haven’t already enabled two-factor authentication for your Apple ID, please learn more and update your security settings.

If you have any questions, contact us.

Best regards,
Apple Developer Relations

具体的な設定方法は以下のページが案内されています(日本語です)。

この案内って前にありましたっけ?Web上にもソースがなく、青天の霹靂なんですがw 二段階認証を入れるのは賛成なんですが猶予期間があまりに短いのを見ると、乗っ取りがApple社内でも問題になってるんでしょうね。

なお2段階認証の設定を行うと、iTunesConnectのログイン時に、メールアドレスとパスワードを入力後に以下のような確認コードが求められるようになります。Macを利用してアクセスした場合で、Mac自体の認証が完了していると自動的にコードを表示してくれます。

毎回入力するのが面倒な場合は、確認コード入力後に「このブラウザを信頼しますか?」という質問に「信頼する」と答えれば暫くの間、IDとパスワードのみでログイン可能になります。

[時事] 自動運転ソフトウェアのチェックがお役所すぎる問題

こちらのニュースが話題になってますね。

国土交通省は、自動車メーカーが車に搭載されたシステムのプログラムを更新する場合、国の許可制とする方針を固めた。今後、自動運転技術による高速道路での車線変更といったプログラムの更新が想定されるため、国が事前に安全性を確認できるようにする。今年3月にも、開会中の通常国会に道路運送車両法の改正案を提出し、2020年の施行を目指す。

個人的に何かしらのチェック機構は法整備も含めて必要だと思ってます。
実際に自動車の制御プログラムのセキュリティチェックなどを依頼されている企業の方と会議をする機会があり、割と簡単にハッキング出来て勝手に動かすことができるというエピソードを耳にしました。こういった脆弱性や何かしら内部の人間が悪意を持ったコードを埋め込む可能性が今後出てくる可能性は非常に高いと思います。

クルマがネットワークにつながり、それらの情報をモトに制御される未来がやってくると、命に関わるリスクが高まると言わざるを得ません。特に自動制御プログラムが乗っ取られた日には、大量の自動車を同時に操作した自爆テロなどハリウッド映画的な展開が現実の物になることが簡単に想像できます。そこまで行かなくてもGPSなどと連動すれば位置情報などプライベートな情報も抜き放題です。

それら悪意のあるコードが混入しやすいのは新車として購入する段階よりも、運用フェーズに入ってからだろうと考えればこの対策は当然と言えば当然かもしれません。

続きを読む

[サーバ] お行儀の悪いアタック国ランキング

前回の続きです。
狙われやすいアカウント名ランキングに続きまして、どこの国からアタックを受けているかも調査してみました。…まぁなんとなく結果はわかっていましたが、数値化するのが大事ですよね!(虚空を見つめがら)

結果発表

IPアドレス単位

#カウントIPアドレス国CD国名
143,148218.92.1.163CN中国
243,14758.242.83.7CN中国
343,147218.92.1.174CN中国
443,147218.92.1.173CN中国
531,139112.85.42.196CN中国
627,063218.92.1.181CN中国
721,800112.85.42.238CN中国
820,223112.85.42.197CN中国
913,908218.92.1.172CN中国
1010,678112.85.42.232CN中国
119,605112.85.42.233CN中国
128,584112.85.42.151CN中国
136,73558.242.83.17CN中国
146,666193.201.224.216UAウクライナ共和国
153,559122.194.229.49CN中国
163,359112.85.42.231CN中国
173,228112.85.42.193CN中国
182,558101.91.215.199CN中国
192,548101.91.215.80CN中国
201,818188.92.77.235LVラトビア共和国
211,505122.194.229.18CN中国
221,483106.13.34.94CN中国
231,209188.92.75.248LVラトビア共和国
2498059.46.135.42CN中国
25828146.0.228.106DEドイツ連邦共和国
26719206.189.149.126SGシンガポール
27606112.85.42.235CN中国
2857554.169.36.191SGシンガポール
29408185.246.128.25SEスウェーデン王国
30402103.207.38.197VNベトナム

国単位

#行ラベル合計 / カウント割合
1中国353,34187.5079%
2アメリカ合衆国8,1282.0130%
3ウクライナ共和国6,9391.7185%
4フランス共和国4,7291.1712%
5ラトビア共和国3,0390.7526%
6シンガポール2,8930.7165%
7ドイツ連邦共和国2,2700.5622%
8インド1,9750.4891%
9ロシア1,6290.4034%
10大韓民国1,5040.3725%
11ブラジル連邦共和国1,4430.3574%
12イギリス1,3460.3333%
13オランダ王国1,1760.2912%
14カナダ9220.2283%
15ベトナム8990.2226%
16インドネシア共和国8570.2122%
17イタリア共和国6880.1704%
18ポーランド共和国6340.1570%
19コロンビア共和国6260.1550%
20スウェーデン王国5250.1300%
21日本4940.1223%
22メキシコ合衆国4830.1196%
23香港4450.1102%
24中華民国4410.1092%
25アルゼンチン共和国4280.1060%
26タイ王国3880.0961%
27スペイン2760.0684%
28イラン・イスラム共和国2220.0550%
29南アフリカ2150.0532%
30マレーシア2110.0523%

結論

中国からのアクセスをブロックすれば80%以上のアタックを防げる結果になりました\(^o^)/

ちなみに日本からのアタックは494件、0.1223%でした。
続きを読む