2019年 3月 の投稿一覧

🏍ウィンドスクリーンをぱぱっと延長 #Ninja250SL

今年のゴールデンウィークはバイクで2000kmほど旅という名の帰省をしようと思ってまして、ちょっとずつ遠征のための準備をしてます。今回はウィンドスクリーンを延長する汎用パーツを付けてみました。

Ninja250SLのスクリーンは非常に小さくてネイキッドかよってくらい風が体に当たります。普段の日帰りツーリング程度ならそれほど苦にはならないのですがさすがに距離が距離なだけになにか対策を…というわけで以下のパーツを装着することに。

実際にAmazonで注文、翌日には届きました。

続きを読む

コストから考えるGoogleのクラウドゲーミング「Stadia」

GDC2019でGoogleから新たなクラウドゲーミングサービス「Stadia」が発表されました。概要についてはGIZMODEの記事がわかりやすいので詳しくはこちらをどーぞ。

Stadiaを耳にした際にに真っ先に頭に浮かんだのはスクエニが子会社を設立してまで立ち向かった「シンラテクノロジー」でした。

シンラテクノロジーは2014年に設立され、思わずニヤリとしてしまうネーミングからも話題になりましたが、残念ながら実際にサービスインすることなく2016年には20億円の特損を出し会社ごと清算する運命をたどりました。また同じく2016年にはG-clusterを当初提供していた「Gクラスタ・グローバル」社も債務超過に陥り倒産しています。現在はブロードメディアの子会社が事業を引き継いでいます。具体的に何にどれくらい資金を注ぎ込んだのかは公表されていませんが、クラウドゲーミングはとにかくお金がかかると認識させられたのをよく覚えています。

Google先生の膨大な資金力があれば会社毎逝くことはないでしょうが、事業単体では巨額の赤字を抱えて死ぬのではという未来が頭をよぎって仕方ありません。
続きを読む

[Firebase] AuthenticationでSMS認証 (Web編)

これまでFirebaseへ様々な認証をお試してしてきました。

今回は電話番号を使ったSMS認証です。

AuthenticationでSMSログイン

メールアドレスやSMSは匿名性の高い物が一人で量産できてしまいますが、電話番号であれば何かしらの契約が必要になりますのでハードルを高くすることが可能です。

この認証方法ではユーザーが入力した電話番号宛にFirebaseからSMS(昔でいうショートメール)が送信されます。SMS内にある暗証番号をログインページで入力してもらうことで本人確認が行えるというわけです。
続きを読む

[Firebase] AuthenticationでGitHub認証 (Web編)

Firebaseへメールアドレス認証Twitter認証Facebook認証Google認証匿名認証、お次はGitHubです。

AuthenticationでGitHubログイン

エンジニア向けのサイトだとGitHubでログインさせたくなりますよね。

Firebase Webコンソールの設定

FirebaseのWebコンソールへログインしたら、メニュー「Authentication」→「ログイン方法」とたどります。

画面の真ん中あたりにある「GitHub」のアコーディオンメニューを開き、「有効にする」にチェックしたあと、コールバックAPIをメモします。

ここまで出来たらGitHubへ移動します。

続きを読む

[Firebase] AuthenticationでFacebook認証 (Web編)

Firebaseへメールアドレス認証Twitter認証匿名認証と続き、今回はfacebookでの認証に挑戦します。

Authenticationでfacebookログイン

Facebookアプリを作成する際に、実際に本番で利用するためには「プライバシーポリシー」が掲載されたURLが必要になります。開発段階では不要ですが公開を考えている場合には早めに用意しておくことをおすすめします。

facebookでデベロッパー登録

Facebookにログインし、開発者サイトから登録を行います。

登録する手順も書こうと思ったのですが、10年以上前に登録を終えてしまっていたためここでは割愛します。FacebookはTwitterと違って複数のアカウントが作れない(作りづらい)のですよね(´・ω・`)

facebookアプリを作成

開発者サイトの右上のメニュー「マイアプリ」→「新しいアプリを追加する」をクリック

アプリの名称とメールアドレスを入力し「アプリIDを作成してください」をクリック

続きを読む

[Firebase] AuthenticationでTwitter認証 (Web編)

以前はFirebaseへメールアドレスでのログインを行いましたが、今回はTwitterでの認証に挑戦したいと思います。

AuthenticationでTwitterログイン

Twitterでアプリを作成

まず最初にTwitterでデベロッパー登録を行う必要があります。承認されるまでに数時間〜数日かかりますので思いついたら早めに申請しておくのがおすすめです。

その後Twitter上でOAuthアプリを作成します。といっても何も難しいことはなく必要な項目をフォームに入力するだけです。このときにCallback URLの入力を求められたら、いったんFirebseのWebコンソールへ移動します。

Twitterのデベロッパーサイトは日本語訳されていませんので、私もそうなのですが英語が苦手な方はGoogle翻訳をタブで開きながら行えばなんとかなります。
続きを読む

Twitterアプリを新規に作成する

Twitterのログイン機能を自分のサイトに設置したり、APIを利用するためにはTwitterへ開発者登録後にアプリの作成を行う必要があります。

デベロッパー登録

開発者登録を行っていない場合はこちらをまずは行います。詳細は過去の記事を参照ください。

Twitterの中の人が申請内容の確認作業を行うため、審査中はアプリの登録や利用などは行うことができません。タイミングによりますが私の場合は4時間程度でした。ネット上を見回すと10日前後かかった方もいらっしゃるようなので、早めにやっておいたほうが良いでしょう。

この作業は最初の1度だけです。

アプリを作成する

新規登録

Twitterのデベロッパーサイトへアクセスします。


続きを読む